看護師の志望動機<労災病院>へ転職

看護師の志望動機TOP >> 例文 >> 看護師の志望動機<労災病院>へ転職

看護師の志望動機<労災病院>へ転職

■リハビリ看護に興味がある場合
前職では一般病棟にて看護業務を行ってきましたが、業務を行う間患者の身体機能を回復させ、元通りの生活を送れるよう働きかけるリハビリ業務に強い興味を持つようになり、より本格的なリハビリ看護に関する業務を行い、さらにリハビリ関係の看護業務に関する知識や経験を身に付けたいと考えるようになりました。労災病院では病気や怪我の治療はもとより、リハビリによって元通りの生活を送れるよう支援することが重要だとされていたため、リハビリ看護について学び、より多くの患者の回復を支援できると考え、貴院を志望しました。転職後は前職での看護業務における経験を活かし、即戦力として早い段階で働けるよう努力するとともに、リハビリ業務に関する見識を深め、より多くの患者の健康状態を改善させることが出来るよう業務をこなして生きたいと考えております。

■ブランク明けから転職する場合
現在は専業主婦として家事を行っていますが、以前は看護師として病院勤務を行っていました。子育てがひと段落し、学費などの捻出を考慮した結果再就職することを決め、かつての業務経験を生かすことが出来る看護師として働くことが出来る職場を探しておりました。数ある医療機関の中から労災病院である貴院を選択した理由は夫の職場で利用している労災病院の話を聞き、多くの企業の従業員の健康状態を管理し、病気や怪我を防止し、何かあった時は治療とリハビリを通して再び健康な身体で働くことが出来るように努める労災病院での看護業務に強い興味を持ったのが一番の理由です。就職後はブランクこそありますが、以前の看護業務を活かして早い段階で本格的に実務をこなせるよう研修業務に努めるとともに、一人でも多くの患者の健康のために業務をこなしていきたいと思います。

■健康管理に貢献したいと考えている場合
労災病院では病気や怪我の治療やリハビリ業務を行っていますが、それらの業務とともに患者の病気や怪我を防止するための活動にも積極的に取り組んでいますが、以前の勤め先ではそうした業務を意識することなく、目の前の患者の治療にのみ集中していたという思いがあり、もっと看護師として患者の健康を守るために何か出来るのではないかと常々考えていました。そうした期間を経て転居も重なった転職することになったのですが、転職活動の際労災病院での業務を知る機会があり、より多くの患者を病気や怪我に悩まされる前に支援するにはもってこいの職場だと感じました。数ある労災病院の中でも、貴院は周辺地域では唯一の労災病院であるとともに、私の住居に非常に近いため、急患が出てもすぐに対応出来ると考え志望しました。

志望動機の書き方をサポート!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 オススメ度 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 ☆☆☆☆☆ 株式会社マイナビ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2018 看護師の志望動機ガイド【※転職先別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.