看護師の志望動機<療養型病院>へ転職

看護師の志望動機TOP >> 例文 >> 看護師の志望動機<療養型病院>へ転職

看護師の志望動機<療養型病院>へ転職

■患者のケアに力を入れたい場合
看護師として長年勤務して来ましたが、日々訪れる新たな患者の対応に追われることで一人ひとりの患者と向き合う機会がなく、作業的に業務をこなすことに疑問を感じるようになり、違う職場で改めて患者のケアについて考えてみたいと意識するようになった結果転職を決めました。療養型病院での業務は急患が訪れることもなく、患者一人ひとりと長く接することでケアを行うことになるという話を聞き、自分の今までの経験で得ることが出来なかったことを新たに学ぶことが出来るのではと考えて貴院への転職を希望しました。療養を行う患者と長く付き合うために求められるコミュニケーション能力や業務荷関する知識や経験は元々人と話すのが好きな自分の性格や前職での経験もあって十分に備わっていると思いますので、それらの強みを活かして貴院の運営に貢献できればと考えています。

■心のケアに興味がある場合
前職で一般的な病院で看護業務をこなしていた際、長年病気の治療を続けている患者のケアに立ち会うことがあり、その際心のケアの重要性を強く感じるとともに、そうした業務を続けるために必要な知識や経験とはどのようなものなのかと強く興味を持つようになりました。さらに勤め先からの転居のタイミングが重なって転職活動に迫られたため、転職先として心のケアが重要視される医療機関の求人を探すようになりました。その結果新居からも通いやすく、心のケアが重要視されるであろう療養型病院である貴院の求人が目に入り、志望しました。心のケアに関する本格的な実務経験はありませんが、セミナーへの参加や独学での学習を通して学んでいる最中で、看護業務に関する知識は前職での経験から活かせる面もあるので、可能な限り早いうちから戦力として数えられるよう努力していきたいと考えています。

■新たな業務に興味がある場合
元々新しいことに興味がある正確で、以前職場でも看護業務に関する多くの知識や経験を得ることが出来たのですが、そちらで学ぶことが出来ない新たな看護業務に関する知識を実務を通して学びたいと考えて、転職を意識するようになりました。数ある医療機関の中でも療養型病院では患者一人ひとりに対してより深く症状について考え、患者が求めているケアをどれだけ行うかが重要になってくるという話を聞き、より深く看護について学ぶにはこうした職場で実務を重ねるべきだと判断し、数ある療養型病院の中でも患者からの評価が高く、様々な形でケアを行っている貴院で勤務することが出来ればより多くの経験をし、新たな看護業務に関する知識や経験を多く身に付ける事が出来るであろうと考え、他業種ではあるものの貴院を志望しました。

志望動機の書き方をサポート!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 オススメ度 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 ☆☆☆☆☆ 株式会社マイナビ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2018 看護師の志望動機ガイド【※転職先別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.