看護師の志望動機<検疫所>へ転職

看護師の志望動機TOP >> 例文 >> 看護師の志望動機<検疫所>へ転職

看護師の志望動機<検疫所>へ転職

■今の住まいで働き続けたい場合
看護師資格を持っているにも係わらず医療機関ではなく検疫所を志望した理由は長期間今の職場で働き続けることが出来るという点にあります。以前の職場では異動することも珍しくなく、今までは異動していましたが、結婚を機に異動することの無い職場で働く必要が出てきたため、異動が無いとされる検疫所の応募に注目するようになりました。同じような条件で働ける職場なら他にもありますが、検疫所の業務はほかでは出来ない非常に貴重な経験を送る事が出来る上、今までに無い形で看護業務に関する知識や経験を活かす事が出来るだろうと考えたため、転職先として検疫所を希望しました。検疫所に転職することが出来れば、看護師としての知識や経験を業務に活かし、看護師として新たなスキルを身に付けて成長するとともに、検疫所の運営に貢献することが出来ればと考えています。

■看護師のスキルを他の現場で活かしたい場合
看護師としてのスキルを活かす事が出来る職場といえば病院という考えが以前は強かったのですが、転職活動を進めるうちにそれ以外の職場に関する興味が強まり、数ある求人の中でも空港という特殊な環境で働くことが出来る検疫所への業務に強い興味を特に強い興味を持つようになりました。検疫所での実務経験はありませんが、病気に関する知識は学生時代から興味があり、看護師として働いている間に様々な知識や経験を持つことが出来たため、仮に転職した際も検疫所に求められる業務を早い段階にこなし、優秀な人材として検疫所の運営に多少なりとも貢献することが出来るのではと考え、転職を希望しました。転職した場合は看護師としての知識や経験を駆使して空港などで起こりうる様々な問題を未然に防ぎ、日本全土の安全を守るために勤務を長く続けて生きたいと考えております。

■昨今の情勢を考慮した場合
近年世界各国でエボラウイルスをはじめとする感染症の話が取り上げられるようになりましたが、そうした被害は日本でも発生しており、テング熱を筆頭に様々なトラブルが報告されています。こうした感染症の拡大によって驚くほど大きな被害が発生する可能性は決してゼロではなく、その前の段階で少しでも感染拡大の可能性を防ぐには検疫所での業務が重要であると知り、検疫所の仕事に興味を持つようになりました。検疫所では空港や港などで勤務してどんどん入ってくる海外の製品と同時に送られてくる病原菌を早期発見し、拡散を防ぐために、昨今のような情勢を防ぐためにも検疫所で看護師としてのスキルや経験を駆使して、検疫所に求められる業務をこなすことが出来るだけの経験を一日でも早く積んで、昨今の情勢を少しでもを改善することが出来るよう努めたいと考えた結果、当空港での勤務を志望しました。

志望動機の書き方をサポート!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 オススメ度 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 ☆☆☆☆☆ 株式会社マイナビ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2018 看護師の志望動機ガイド【※転職先別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.