看護師の志望動機<個人病院>へ転職

看護師の志望動機TOP >> 例文 >> 看護師の志望動機<個人病院>へ転職

看護師の志望動機<個人病院>へ転職

■子育てのために個人病院に転職する場合
以前の職場では多くの患者が利用する非常に忙しい職場で勤務しており、仕事に対してのやりがいを強く持つことが出来、技術や経験も非常に多く身に付ける事が出来ましたが、出産のために勤務時間を確保することが難しくなり、転職を視野に入れる必要が出てきたため、転職活動をスタートさせました。個人病院への転職を希望したのは子育てのための時間が比較的確保しやすいのではないかと判断した点が大きいですが、時間を確保しつつ自分が今まで培ってきたスキルを無駄にすることなく即戦力として働くことが出来るのではと考え、転職先として選択しました。転職後は前職での経験を活かしてすぐに実務に入ることが出来るよう可能な限り業務に当たるとともに、前職で培った経験を個人病院という患者により接することの多い職場でさらに磨き上げることによって看護師としてもう一段階成長したいと考えています。

■幅広い業務に対応するために転職する場合
看護師として何年か働いてきましたが、同じ職場に長年に続けることによって特定の業務にのみ力を入れることが多く、自身の持つスキルに偏りが出始めてきたと感じ、もっと多くの場面で活躍できるだけのスキルと経験を深く身に付けたいと考えるようになり、転職先として個人病院を選択するに至りました。 個人病院では規模の大きな病院とは異なり、個人個人に与えられる業務が多く、より日々の仕事の中で学べることが多いのではと考え、幅広い業務に対応できるだけの知識と経験を日々の業務の中で以前の職場よりも強く学び、様々な場面で活躍で居る人材になれると感じ志望しました。 前職での業務は特定の業務が多いということもあってその業務に関しては多くの経験とスキルを身につけているため、転職後でもすぐに実務でそのスキルを役立てることが出来ます。またそれ以外の業務についても基礎的な知識や経験は身についているので、即戦力として働けるよう努力します。

■患者に近い場所で仕事をするために転職する場合
長年看護師として働いてきましたが、以前勤務していた職場では患者数が多いこともあって効率を求める傾向が強く、患者一人ひとりに対してしっかりと向き合った治療を行うことが出来ませんでした。そのためより患者の近い場所で業務が出来る職場への転職を考えるようになりました。貴院への転職を希望したのは患者とより近い場所に立って業務を行うことで患者がどんな看護を求め、それを達成するには何をするべきなのかを実務を通して改めて学ぶことが出来ればと考え志望しました。前職では数年間の実務経験を通して基礎的な看護に関する知識や経験は身に付けているため、看護師一人ひとりが担当する業務が多かったとしても問題なく業務に対応することが出来、看護師として患者に近い視点に立ち、求められる看護を行えるよう努めたいと考えています。

志望動機の書き方をサポート!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 オススメ度 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 ☆☆☆☆☆ 株式会社マイナビ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2018 看護師の志望動機ガイド【※転職先別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.