看護師の志望動機<養護教諭>へ転職

看護師の志望動機TOP >> 例文 >> 看護師の志望動機<養護教諭>へ転職

看護師の志望動機<養護教諭>へ転職

■子どもと接する仕事がしたい場合
長年看護師として勤務を続けてきましたが、元々子ども好きということもあり、もっと子どもと接する機会が多い仕事がしたいと考えるようになり、子どもの健康を管理する養護教諭の業務に興味を持つようになり、免許の取得を機に転職を希望しました。小児科をはじめとする子どもを対象とした医療機関も少なくありませんが、既に病気になってしまった子どもの看護も重要ですが、それ以上に普段の生活を通して健康な身体を保つためにどうすれば良いのかを養護教諭という立場から指導し、病院のお世話になることなく生活することが出来る子どもを一人でも多く育てたく、養護教諭への転職を志望しました。晴れて転職できた際は看護師として働いてきた知識と経験を活かし、健康な生徒を一人でも多く増やしたいと考えております。

■自分の知識を伝えたい場合
看護師として働くためには看護師免許を取得し、時には看護業務に関する新しい情報を吸収し、実務に活かしていかなければなりません。そうした知識を無駄にせずに多くの人の生活に役立てることが出来る仕事がしたいと常々考えていましたが、そうした知識を早いうちから伝えることが出来る養護教諭の仕事に強い興味を持つようになり、転職を志望しました。養護教諭の業務は学校生徒の健康管理が主題ですが、その一環として病気や怪我の予防のための情報を紹介する機会も多いので、そうした場面を通して自分の知識を伝え、健康的な身体を保つためにはどうすれば良いのかを知ってもらえれば、将来のためにもなってくれるのではないかと考えており、それを実践することが出来る今回の求人を見つけたとき、必ず応募しなければと思い、応募いたしました。

■長年看護師として働いてから転職する場合
看護師として長い期間働き続けたこともあって、体力も低下し、夜勤などの業務も難しくなってきたため、転職を視野に入れるようになりましたが、数ある求人の中でも日中働くため体力が低下しても働き続けることが出来る職場となると非常に条件が限られていましたが、養護教諭の求人は体力が少なくても働き続けることが出来、緊急の患者に遭遇することも無く、病気の予防などの指導を行うといった業務をこなすことが主な業務となるため、転職を希望しました。転職した際は過去の看護師としての業務経験を活かし、健康管理などの指導を行うなど、より子どもに健康的な生活を送ってもらえるよう働きかけることを目標としており、勤め先である学校の生徒に不健康に悩まされるような生徒が無いように勤めていきたいと考えております。

志望動機の書き方をサポート!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 オススメ度 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 ☆☆☆☆☆ 株式会社マイナビ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2018 看護師の志望動機ガイド【※転職先別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.