看護師の志望動機<献血関係>へ転職

看護師の志望動機TOP >> 例文 >> 看護師の志望動機<献血関係>へ転職

看護師の志望動機<献血関係>へ転職

■自分の時間を確保したい場合
前職では一般病棟の看護師として勤務しており、一般的な看護業務全般を行っていましたが、体力の低下に伴い夜勤や急患の対応が困難になってきたため、無理せず働き続けることが出来るある程度安定した勤務時間が指定されている職場への転職をせざるを得ない状態になりました。そうした求人は少なくありませんが、中でも貴院の求人は安定した時間を確保して働ける上、様々な場面で役立つ輸血用の血液を確保する献血に関連する業務を行うということで、自分のスキルを社会により大きく貢献することが出来るという働き甲斐のある業務に惹かれ転職を希望しました。仮に転職することが出来れば、今までの経験を持ってスムーズな採血業務や採血希望者の看護業務を不備無く行うことが出来る自身がありますし、体力が無くなってきたとしても、自身の知識や経験を後に続く人材に伝えることで変わらず貴院に貢献できるものと考えております。

■医療業界への貢献を目指す場合
学生時代から怪我や病気に悩まされている方を救いたいという思いを抱いており、看護師が働く姿を病気や怪我を負った際に見ていたこともあって、進路を看護師に定めていました。その結果看護師として勤務することが出来たのですが、看護師として働くだけでなく、もっと違う形で働くことでより多くの人の健康状態の回復に貢献できるのではないかと考えるようになり、それを実現することが出来そうな献血ルームへの転職を意識するようになりました。看護師として働いたとしても今までの経験と知識を活かして患者の健康状態は守れるかもしれませんが、あくまでも目の前の患者に貢献できるに対して、全国どこでも必要となる輸血用血液の確保は自分の目の前にいない患者の命を救うのにも大きく貢献するので、より大きな形で医療業界に貢献するためにも多くの献血希望者を集めている貴院の転職を志望しました。

■過去の経験に基づいた場合
以前は急性期病院で看護師として勤務していましたが、緊急手術が必要となった際輸血が不足する事態に陥った経験があり、その時の焦燥感が今でも強く印象に残っています。幸い患者は一命を取り留めましたが、こうした危険な状態に陥ったのは血液不足によるものだと思うと、今以上に輸血用の血液を確保するために自分が出来ることは何か無いかとより深く考えるようになり、今回転職を決意することとなり、周辺地域で特に大きな献血ルームである貴院への転職を志望しました。採血作業や採血中の看護といった基礎的な業務に関しては前職での看護経験や採血業務の経験を活かす事が出来ますし、仮に不測の事態が発生したとしても冷静に対処できるだけの心構えは出来ているので、もし仮に転職できた場合は、平常時はもちろん、万が一の時でも貴院に大きく貢献することが出来ると考えております。

志望動機の書き方をサポート!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 オススメ度 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 ☆☆☆☆☆ 株式会社マイナビ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2018 看護師の志望動機ガイド【※転職先別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.