看護師の志望動機<急性期病院>へ転職

看護師の志望動機TOP >> 例文 >> 看護師の志望動機<急性期病院>へ転職

看護師の志望動機<急性期病院>へ転職

■多くの患者を救いたい場合
前職でも看護師として勤務していましたが、急患の患者を看護したことをきっかけに一般病棟に送られる患者の看護を続けるだけでなく、より深刻な状況に置かれている多くの患者を自分の手で救うことが出来ればと考えるようになり、より命の危険に晒されている患者が多く集まる急性期病院での業務に興味を抱くようにもなりました。教務の性質上体力があるうちに転職してある程度年齢を重ねた後でも技術で体力面をカバーして長く働き続けることが出来るようにするためにも現時点での転職を決め、その中でも通勤時間の短さやスキルアップにも期待が持てそうな貴院を志望しました。転職後は急性期病院での業務を一日でも早く見につけるとともに、経験を積んだ後は認定看護師を目指すことでより高いスキルを持ちたいと考えております。

■スキルを違う現場で活かしたい場合
急性期病院を志望したのは、様々な病気や怪我によって命の危機に晒される患者が多く集まることにあります。そうした患者を救うためには多くのスキルが求められる分前職で得た経験も多少なりとも活かす事が出来るのではと考えるとともに、さらにスキルを高められると感じ転職を希望しました。前職では一般的な病棟で業務をこなしており、外科手術助手や急患感患者の看護経験も少なくないので、最低限求められているであろうスキルは持ち合わせています。転職後の業務については激務続きといく言われていますが、体力も十分に備わっているので、厳しい業務が続いたとしても最後まで業務を十分続けることが出来ますし、長年業務を続けることを目標としているため、より多くの業務をこなすことが出来るようスキルアップにも積極的に取り組んでいきたいと考えています。

■転居がきっかけの場合
以前より看護師として勤務し、実務を通して多くの知識と経験を積んできましたが、転居が決まったことで同じ職場に通勤することが困難となり、これを機に退職することが決定しました。その後も看護師として働きたかったため、新居からでも勤務できる医療機関を探していたところ貴院の求人を目にし、多くの命を救うことが出来る急性期病院での業務に興味があったこともあって志望しました。業務に関しては前職でも急性期の患者の看護経験があり、不測の事態が起きた際の対処についても実務を通して学んできたため、必要最低限求められるであろう知識や技術については持ち合わせているものと考えています。通勤時間も非常に短く済ませることが出来る距離に住居があるので、急な呼び出しにも対応することが出来、貴院での業務をより円滑に進めるために貢献できます。

志望動機の書き方をサポート!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 オススメ度 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 ☆☆☆☆☆ 株式会社マイナビ 詳細




Copyright (C) 2014 - 2018 看護師の志望動機ガイド【※転職先別の例文のまとめ】 All Rights Reserved.